ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィクトリアマイルの話。マナムスメ以上マナムスメ未満。

<<   作成日時 : 2008/05/14 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

「勝ち馬は前走で牡馬相手にマイル重賞連対してるサンデー」
「勝つ騎手は初G1制覇」
という短絡的な視点でみれば、
ニシノマナムスメ&吉田隼人コンビ、しかもタキオン様だ!で即決なムードですが、未だに重賞勝ちのない「河内のオッサン」厩舎。アグネスアークマルカシェンク、そしてニシノマナムスメといった大物が芸術的な2着を繰り返しております。

「じゃこのG1の舞台で悲願をば!」と願う声は大きいですが、オカンが偉大すぎて大物感に欠ける子供たち、しかも府中G1はそのオカンが1番人気を2度もぶっ飛ばした鬼門の舞台。願えば願うほど、また何かに負けそうで仕方ありません。仮にニシノマナムスメが2着として、勝つ馬の可能性を、今年のG1の流れに従って考えてみましょう。

@ウオッカ強ぇ・・・

とはいえこれが一番考えやすいでしょうか、状態イマイチだろうとズバリカ、いや力の違い。桜花賞2着にダービー優勝に、ジャパンカップ4着馬。ドバイなんちゃらほにゃらら4着でつけた113のレーティングとの事。きっとすごいのでしょう。吉田騎手、例えこの馬に負けたとしても、石は投げられません。

Aタキオンワンツーかよ・・・

すでに今年の重賞を9勝、内G1勝ち2つ、ぶっちぎりでリーディングサイアーをひた走るタキオン様なのでこの可能性も十分ありそう。ダイワスカーレットがいなくなっても結局タキオン様。そして来週も再来週も全部持ってっちまって、立ち飲み屋にて、時代の流れについてけない親父が「君らイナゴか」と管を巻くシーンが思い浮かばれます。となると相手はマイネカンナ。吉田騎手が前走乗っていた馬、その馬に差されちゃうのは精神的にきつい。石用意しときます。

Bまた社台さんですか・・・

いくら後ろ指を差されようと、今年のG1で全部連対してる社台産の馬。マナムスメの相手にはふさわしい。と言ってもこれは多い。有力どころではジョリーレインダンスエイジアンウインズベッラレイアってノーザンファームだったんですね。

Bをさらに分類して

3−1 サンデーしか来ないレースでがんす

な、流れに従えばジョリーレインダンスジョリーダンスは安田記念3着以上に最近おとなしいアンカツさんがひたすら不気味。秋華賞2着馬レインダンスも叩き3走目、暑くなってくると走る馬ぽいので脅威。ただしダンスが府中マイルを勝ちきるイメージは、ツルマルボーイの安田記念くらいしか思い出せません。

3−2 奇跡のフジキセキ

今年のトレンド、フジキセキエイジアンウインズ。去年のコイウタフジキセキ。初マイルも先行馬少ないんで、あれよあれよとあっさり逃げきっちゃうことも十分ありそう。終わってから展開だけをみて、「つまんねレース」と言われるのはダイワスカーレットの得意技。得てして競馬はそういうもの。

3−3 秋山騎手、涙のG1制覇

7ヶ月ぶりに復帰してぶっつけで挑むオークス2着馬ベッラレイア。同じような舐めたローテであっさり飛んだカワカミプリンセス、そしてスイープトウショウラインクラフトも破れなかった「父サンデー系鬼レース」の壁。それに「悲願のG1」なんて素敵な話はほとんどなくて、超人気先行型で妙味もない。そんな状況、しかも気性的に問題がある馬。はってはいけない山ではないでしょうか。


で、今の所3−3本命です。「サッカーボーイ8戦目の覚醒」に期待しましょう。
私の記憶では、古馬G1で父サンデーサイレンスが出てこないのって21世紀初のような気がするのですが(間違ってたらごめんなさい)、そんな時くらい他の系統に花持たせてやってよと。3年目でサンデーの神通力、切れてくれませんかね?

最後まで読んでいただいてありがとうございました〜。
ちなみに今週の日曜日は、ウチのマナムスコが我が家にやってきます。
縁起もんで当たるといいなぁ・・・。外れたらルバーンのせいにすると(こらこら)
ランキング

「競馬ブログ界屈指の甘党」CWさんに、リクエストをいただいたので・・・

ニシノマナムスメの父アグネスタキオンは河内洋騎手を背に、無敗で皐月賞を勝ったものの、その後故障が判明し引退を余儀なくされた「幻の…」的名馬。その兄アグネスフライトは前年「さぁ河内の夢はどうだ」でお馴染み悲願のダービーを獲らせた孝行息子たちであります。そして母ニシノフラワーはオッサンに桜花賞をプレゼントした、これまた孝行娘。

そんな「ゆかりの血統」の間に生まれた子が河内のオッサン厩舎に預けられ、「愛娘」と名づけられました。そして重賞初勝利、初G1をプレゼントしようとするドラマ。一足早い、父の日の物語。目頭が熱くなるのは間違いありません。

しかし!そんな悲願がかかる河内のオッサンへ。腹違いの孝行息子、サッカーボーイの孫に蹴散らされる悪夢をみせてやろうじゃありませんか。強い子供に育てた親の責任だ!(88年マイルCSへ

こんな感じでどうなんでしょ?性格歪んでます?
それならマイネカンナでもいいんですけどね…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ヴィクトリアマイル(2008年)】登録馬の血統
【ヴィクトリアマイル】過去2年の1〜3着馬の血統・レース内容から注目馬を探します。今年の登録全馬の血統も掲載。 ...続きを見る
【血統フェスティバル】blog
2008/05/14 12:49
ヴィクトリアM5日前・・・
ダート4連勝中のサクセスブロッケンが、ダービー参戦を表明しました。 ...続きを見る
oyajiの戯言!!
2008/05/14 20:45
ポルトフィーノ骨折、ウオッカは・・・
ポルトフィーノが骨折により、オークスを回避します。 ...続きを見る
oyajiの戯言!!
2008/05/14 20:45
東京芝1600m徹底分析「2008年ヴィクトリアマイル」
今週はヴィクトリアマイルですね。 ヴィクトリアマイルは2006年に新設されたレースですので 過去のデータは少ないですね。そこで、今日は東京芝1600mの 傾向とデータを見てみようと思います。 ...続きを見る
激走!データ競馬ブログ
2008/05/14 21:16
ヴィクトリアマイル週中考察vol.3 ニシノマナムスメ
ヴィクトリアマイルの週中考察3回目はニシノマナムスメを。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2008/05/14 23:27
ウオッカはヴィクトリアマイル(G) で1着になれるか?
現在の最強牝馬ダイワスカーレットは大阪杯の後故障で休養を余儀なくされました。そのダイワスカーレットと死闘を繰り返し良い勝負をしていたウオッカ。今回はあの日本ダービーを勝利した東京競馬場。距離は短くなりますが、2歳の阪神JFでは同距離を勝利しており対応可能だと思われます。しかし、相手にも上昇してきた馬や実績馬、短距離のスペシャリストなど多数おります。鬼門は過去2回で1番人気馬が5着にも入着していないことか。同じ牝馬には負けられない。果たして。 ウオッカはヴィクトリアマイル(G) で1着になれる... ...続きを見る
しげぽーね@eBet
2008/05/15 02:51
ヴィクトリアマイル 考察
今しか考察する時間がありません。 毎回ですが、簡潔に。 ...続きを見る
attractive place!!
2008/05/15 07:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
息子さんにあやかって、パパンに神通力が来ますように!!
と東京から妖気のエールを送りますよ。
にょろり
2008/05/14 23:07
にょろりさん、こんばんは^^
陽気に妖気、ありがとうございます(妖気かよ)おかげ様で神通力、きっと来ますよ、来なかったら当然息子のせいにしますからね^^にょろりさんトコの息子さんみたいに、「ごん太」に育つようよく言って聞かせておきますmm
ミシエロ
2008/05/15 00:49
こんばんは。
ただ単に父母調教師と縁あるな……ということだけで、別に深い意味はなかったんですよ(笑)。
「芸術的な2着」が待っていてくれるとありがたいのですが、初の重賞制覇は裏開催で華もなくひっそりと……っていう気がするんです。
あ、そうそう。
サッカーボーイの孫の鬼脚なんて見せられた日にはテレビの前でアホ面して固まるでしょうからそれも歓迎しませんし……。
(そうなったら、美味いものでも食べて寝ます。はい。)
甘党のCW
2008/05/15 21:36
甘党さん、こんばんは^^
いつも夜中にお腹空かせてもらいながら楽しませてもらってますmmマナムスメ、ここでオッサン孝行したらホントにいい話ですよねぇ。私も「芸術的な2着」に期待しているのですが、段々マナちゃんが勝つのではとも思い出してきましたよ^^

サッカーボーイ孫の鬼脚はお嫌いですか?私はその鬼脚が日曜夜に美味しいものを食べさせてくれるとばかり信じております^^;

では週末がんばりましょう〜
ミシエロ
2008/05/16 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヴィクトリアマイルの話。マナムスメ以上マナムスメ未満。 ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる