サンデーサイレンスたる由縁。有馬記念は◎マツリダゴッホ

ネオユニヴァースが2冠を、ダンスが最後の一冠をとったクラシック。今年の話じゃありません、6年前。その年の有馬記念は、かつての有馬記念馬シンボリクリスエスが引退レースを渾身の仕上げでぶっちぎりました。

マツリダゴッホ父サンデーサイレンス母父ペルボライト
で、そんな馬。つじつまを合わせるためにはとりあえずこのMr中山引退レース馬。今年G1はおろか重賞も2勝しかない稀代の種牡馬サンデーサイレンス親父ですが、有馬よければ全てよし。こういう所で勝ってこそサンデーサイレンスです、もう予想になっちゃいない。去年より前の相手が大分楽ですし、その最後の傑作がサンデーサイレンスサンデーサイレンスたる由縁を響かせる。

フォゲッタブル父ダンスインザダーク母父トニービン

先日の話有馬記念の話。走攻守の心技体よりこの血統馬。

近年の有馬記念に強い血統を全て備えたジョーカー、そして「マツリダゴッホが出るレースにつよいトニービンの血」、これを使えるのも最後ですよ。「本気が出てきた母父良血トニービン菊花賞2着馬」のイメージは6年前、シンボリクリスエスがちぎった後の2着リンカーン。来年の春には「4強」などと騒がれ豪快にバシルーラするイメージまでピッタリ。

エアシェイディ父サンデーサイレンス母父ノーザンテースト
去年の3着馬で冬場の中山でほぼパーフェクトな結果を出す冬が好きすぎる馬。特殊な条件の有馬記念は基本リピーターレースですし、カンパニー見ればノーザンテーストの血は8歳にしてなお成長するのやもしれません、近い将来にはノーザンテーストエキスを6mg配合した毛生え薬が開発されるでしょう。成績だけみれば9年前の3着ダイワテキサス親父と同じような過程、「終わってみればサンデーサイレンス産駒のワンツーでした」は一度(笑)で言ってみたいセリフです。

△マイネルキッツ
△ネヴァブション
△イコピコ
△ドリームジャーニー

あとはセオリー通り中山・中長距離のベテラン。ステイゴールドみたいにON/OFFの切替がきっちりしてるディクタスマイネルキッツ、中山じゃマツリダゴッホと互角のネヴァブション、6年前にこだわるならゼンノロブロイ的な神戸新聞杯馬でトニービンノーザンテーストもさりげに持ってるイコピコ、逆らわずたがわずドリームジャーニー

キルトクールはブエナビスタ
せっかくなので。

◎○▲を基点にだらだら多点買いすると思います。

以上、有馬記念の予想でした。
本年もだらだらとしたブログ予想におつき合い頂いてありがとうございました。
では良い有馬記念を^^

"サンデーサイレンスたる由縁。有馬記念は◎マツリダゴッホ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント