白鳥の湖、黒鳥の舞。秋華賞は◎オディール

チャイコフスキーのバレエ、「白鳥の湖」の話をご存知でしょうか。
秋の夜長に、こんな音楽かけながらいかがでしょう。


昔々、ある夜に森の湖にやってきた王子は、一羽の白鳥が美しい女性に変身するのを目撃し、一目で恋に落ちます。白鳥は悪魔の魔法によって昼は白鳥に変身させられ、夜だけ元の姿に戻れるのだという。この魔法を解くには、まだ愛を誓ったことのない青年に永遠の愛を誓ってもらわなければならない。王子は、白鳥の娘を救う青年こそ私だと彼女に愛を誓い、舞踏会に招待し、そこで結婚を誓うと言う。

しかし宮廷の舞踏会。貴族に成りすました悪魔と、白鳥の娘にそっくりの黒鳥の娘があらわれる。王子はその黒鳥の娘に騙され、彼女こそ私の妃と誓ったその瞬間、悪魔は王子をあざ笑い、消える。王子は自分の過ちに気づき、窓の外で一部始終を見ていた白鳥の娘の後を追って森へ行く。

王子は白鳥の娘に自分の過ちを詫びるが、悪魔は黒鳥の娘への愛を全うするようにと邪魔をする。もう元の姿には戻れない。絶望した白鳥の娘は湖に身を投げ、王子も後を追う。死をも恐れぬ二人の愛の力に、悪魔は滅び、そして二人は来世で結ばれる。めでたし、めでたし

というお話です。この悲劇、何の話かと言えば、もちろん秋華賞。
白鳥が舞う湖、京都競馬場に、皆が恋する白鳥が出てきます、そう

画像
        ユキチャンです(誰だよこのおっさん)

白鳥の娘オデットが恋に落ちる時、その邪魔をする黒鳥の娘の名こそ、そう

画像
          オディールなのです。(こっちめっちゃ見てるよ)

奇しくも同じクロフネ産駒なのに片や白毛馬、片や「どす黒い」芦毛馬。
白鳥を堕とすのは黒鳥が相場であると、チャイコフスキーも言っています。
でも来世で結ばれる?ないない!そんなのないよ!あるなら私の来世は
本仮屋ユイカを取っぴだ(あんた悪魔かよ)
白鳥の湖で行われる秋華賞。悲劇は悲劇的であり続けてこそ価値があります、

という訳で、先日の話

秋華賞の話。時の流れに身を任せっきり

と合わせて、

オディールクロフネ母父ダルシャーン
黒鳥カモーン!悪魔将軍アンカツカモーン!「ファンタジーSを圧勝するも、その後のG1では素質を見せながら運なく届かず、人気を裏切ってきた馬、しかし…」イメージは4年前の勝ち馬スイープトウショウと同じ風景を見ていますので、買うならここではと。ファンタジーSで見せた先行押し切りの強い競馬は、ファビラスラフィンテイエムオーシャンファンインモーションと言った典型的な秋華賞を勝つ競馬のイメージに一番近いんですが、やってくれませんかね。

トールポピー父ジャングルポケット母父サンデーサイレンス
じゃ2歳女王ヤマニンシュクルのイメージで2着でよろしくお願いします。去年と同じくチューリップ賞の2・3着馬で決着なんてどうでしょう。京都のこのコースで一度勝ってるってのは普通に有利だと思いますし、母親アドマイヤサンデーもローズSで人気裏切ってましたが、京都は大得意。

メイショウベルーガフレンチデピュティ母父パパゴ
こうなったら8枠のフレンチは全部買います。フレンチうんぬんはともかく、ずぶくてずぶくて、いつもエンジンかかった時にレースが終わってるような馬。昔の秋華賞で言うところの99年2着馬リアルシャダイ産駒クロックワークのイメージ。もし乱ペースになったらこういう馬が怖いです、なる確立は2%くらいと思いますが。

レジネッタフレンチデピュティ母父サンデーサイレンス
もちろん買います真の「女王」。最後まで△でしてごめんなさいmm

キルトクールはユキチャン
そういう話ですので。来世で逢いましょう。

以上、清水成駿が言い出しそうな秋華賞の予想でした。
しかし今年は観にいけないんです。自信あるのになぁ(嘘です)
最後まで読んでいただいてありがとうございました~。
ランキング

"白鳥の湖、黒鳥の舞。秋華賞は◎オディール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント