[予想]漁火S、ラベンダー賞、ついでにマリーゴールド賞。

「父同様に楽勝と惨敗が紙一重の産駒が出ることを期待したい」
と持ってる種牡馬辞典の231ページに書いてある。コロナドズクエストの話です。

[漁火S]
「1600万下・函館芝1800mの漁火S」ってのは最近で5年前の02年。

1着コイントス 父サンデーサイレンス
2着アサカディフィート 父パラダイスクリーク
3着メイショウラムセス 父ラムタラ

2秒ほど考えると、
・1着は、前走重賞3着なのに、「あれ、自分降級なん?」てなサンデー。
・2着は、9歳になって重賞勝つとは思わなかった、てな「セン馬。」
・3着は、「期待されてた父。でも、いずれ返品くらってドナドナ」な馬。
・なんだかんだで、前に行った馬で決着している。

その並びで行くと、

◎サイレントプライド
○サンデーストリーム
▲シェルズレイ

となります、トーゼン。(買いたいだけでしょ。)

サイレントプライドフレンチデピュティ母父サンデーサイレンス
ごちゃごちゃする函館で揉まれ弱いフレンチが来るイメージが、まるで沸かない。
と思ったけどアンブロワーズ(函館2歳S)がいたっけ。(その程度でいいのか?)
しかも5年前のコイントスっぽく、「俺、一生重賞勝てないのか・・・」道を歩み中。

サンデーストリームサンデーサイレンス母父ブライアンズタイム
デザーモ&ホワイトなどの外人が乗った時に強い馬。外人=豪腕=藤田なら。
函館は(2011)、「せん馬のブリンカーはなんだか卑猥」という格言は意味はなし。

シェルズレイクロフネ母父ウイニングチケット
アドマイヤムーンの弟のクロフネ仔が3億?クロフネに期待しすぎじゃねえ?
まさかラムタラにはならないでしょうが。えーっとこの馬の話。
クロフネなら「タメ逃げ」なんて小さいコト言わずに、ガンガン行ってください。

[ラベンダー賞]
新馬戦を判断する心構え1。
「着差つけた馬が強い、という訳ではない」fromオーシャンエイプス

◎アイリスモレア
○マサノミネルバ
▲マイネルブリッツ

アイリスモレアショウナンカンプ母父ハウスバスター
あの藤田騎手がエげつなく連対した函館の初日、「藤田止め」を果たした一頭がこの馬。そう考えると10馬身差くらい価値がある、着差こそ正義だ(はいはい)

「バクシンオーの新馬勝ち一号feat田村厩舎」のイメージは03年の勝ち馬ナムラビッグタイム。新馬勝ち第一号は、過去チアズガディスみたいなあかん子もいる。が、チアズグレイスアグネスソニックなど後の注目馬も多数、去年のローレルゲレイロなんてここで3着だ!(駄目じゃん)

馬産地では「古臭い」母系が嫌われてか、人気あまり…というショウナンカンプ
タケシバオー在中」なんて素敵じゃない。バクシンオーの
「のどごしの軽さ」に「コシ」がよりプラスされた良い種牡馬になると思うんですが。
この馬の活躍が父の人気の起爆剤になって欲しい期待も含めて◎。

マサノミネルバ父ラムタラ母父カコイーシーズ
地方馬を選ぶ基準は一つ、ひたすら「好み」。ザグレブエルコンなど
「父親が消えた後、種の危機を感じて急に子供が走り出す」ならラムタラは究極。
ラムタラ返品せんかったらよかったのに」は一度言ってみたいセリフ。

マイネブリッツパラダイスクリーク母父リヴリア
なまくら競馬で勝ってきた新馬戦馬より、内をド根性で差してきたこの子を。
パラダイスクリークは力のかかる芝合う。「アイリスモレア組は強かった」となって欲しい。

[マリーゴールド賞]
◎エフティマイア
○ゴールデンリング

福島1200mの勝ち上がり組が3年連続勝っている。
関西の新馬組はブレイヴボーイレキシントンガールなど人気裏切る事も多い。
それはたぶん、時差の関係だ。(輸送じゃないのか?)

エフティマイアフジキセキ母父ニホンピロウィナー
新馬戦はエイシンパンサー共々センス抜群の競馬。
なら正体が定まらんミスプロ新種牡馬より、安心のフジキセキを買うのが保守派の定石。

ゴールデンリング父トワイニング母父バウンダリー
バウンダリーのダート・芝替わり」は旧約聖書にも記載済みの古きよき格言。
ダート勝ってきた馬もメイショウヨシヒサエイシンサンバレーなどよく走る。

エイシンパンサーが嫌いな訳ではありません、ので…。重馬場なら楽勝されそう。

以上、土曜日の予想でした。3レースだけでも結構疲れますね・・・。
最後まで読んでくださってありがとうございました~。
では、競馬のある楽しい週末を^^
ランキング←一応参加中。

"[予想]漁火S、ラベンダー賞、ついでにマリーゴールド賞。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント