宝塚記念は◎ゼーヴィント

絶対勝つと「池添半端ないって」とか書かれるんだろうなと、せっかくなんて時事ネタ。こういうの数年後に読み直すと、ぁぁあったねそんなのってなるから好き。

◎ゼーヴィント父ディープインパクト母父ブライアンズタイム
8枠の2200か2500の重賞好走馬しか最近勝ってないので五番六番煎じてゴクゴク飲む。サンデー×ブライアンズタイムは昔っから急坂の2000~2200あたりめっちゃ得意で、この馬しかり、サンライズペガサス、ディーマジェスティとかみんな似て蝶なコース限定馬。ロベルティな血が濃く出るのかパワーでねじ伏せる型になりがち、この馬もしかりでここはおあつらえ向きの流れになりそう。母系ロベルトにダンチヒってグラスワンダーっぽくもあってオッサンわくわくすんのよね。目黒記念は3回くらいどん詰まりのノーカンレースですし、春のロベルトの叩き三走目という20年前の血統書に書いてそうなことを言ってみる。グランプリで外からまくってチギるレースさせたら世界一の池添しかいないっしょ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック