チューリップ賞は◎ノーブルリーズン、オーシャンSは◎サクラゴスペル

マンハッタンカフェ産駒のルージュバック、ステイゴールド産駒のキャットコインとディープインパクトそっちのけで無敗の牝馬が快進撃する今日この頃、このビッグウェイヴに乗るしかない、として

◎ノーブルリーズン父ネオユニヴァース母父ホワイトマズル
ネオユニヴァース産駒の無敗馬なんてどうでしょう。気性の悪いダローネガの妹なんで新馬~二戦目あたりがピークと思いますが、こっそり勝ち上がってきた馬が人気馬をぶち抜くこのレース。第二第三のハナズゴール、ショウリュウムーンになれるインパクトは新馬でチラ見させましたし。ネオユニヴァースの大物も久しいですし、このブランドの割に人気にならないのもいい。一度穴あけた馬は何度でも、特にノーとリーズンのつく馬は何かやらかす。

◯レッツゴードンキ
▲ココロノアイ
☆アンドリエッテ
△クルミナル
△コンテッサトゥーレ
△ロカ

レッツゴードンキとココロノアイは来る時は一緒に、前回◎打ってハナ差にもんどり打ったアンドリエッテ、あとは人気どころに。

オーシャンS
◎サクラゴスペル父サクラプレジデント母父キュアザブルース
二年前の勝ち馬で春の中山重賞に滅法強いサクラプレジデント産駒。それは、もちろんスプリングS二着、皐月賞二着、中山記念でようやく一着と中山で一瞬だけ咲いた父の遺伝子。サクラプレジールもフラワーカップを勝ちましたし、なにせこのレースはリピーターと年寄りの救済レース。去年もレッドスパーダがしつこく馬券になった。スプリント界がアンバルブライベン対父サンデースプリンターになってきてる流れもぼちぼちよし、あとは騎手の力でなんとかしてね。

◯リトルゲルダ
▲ラインスピリット
☆プリンセスメモリー
△スマートオリオン
△アフォード
△ダッシャーゴーゴー

相手は未だに血統派の天敵リトルゲルダ、ラインスピリットはハマればマルゼンスキーでワンツー、ラピスラズリS組のプリンセスメモリー、復活あるなこちらもリピーターのダッシャーゴーゴー。

この記事へのコメント

2015年03月07日 23:05
本命以外は、正解でしたね。
きっと、わざとそういう予想にされているのでしょう。

嫌味で言っているのではありませんので、あしからず。
ミシエロ
2015年03月08日 06:08
フセインさん、おはようございます。
おっしゃるとおり、本命は振り回して、馬券は対抗から堅実に買ってしっかり3連とってますから(白目)

この記事へのトラックバック