ありがとう、そしてさようなら。ジャパンカップダートは◎ナイスミーチュー

終わりを告げるジャパンカップダート。阪神での開催で定着しつつあって大好きだったんですけどねぇ。しかし豪華メンバー。何かこじつけでもコンセプトをもって予想したいものですども。

じゃ、終わりなんでそのまま、世代交代に期待しましょう。
JCダート、思い出をありがとう、そしてさようなら。

トランセンドが去り、そして何よりスマファルさんが去った今年のジャパンカップダート。スマファルさんに惨敗した馬ばっかり上にいるのはもう終わり、新しい始まりに期待してその象徴

ナイスミーチューキングカメハメハ母父ファイアメーカー
前年のシリウスSを勝ち、JCダート1回目は惨敗、年が明けて仁川Sを快勝して重賞戦線で好走を続けながら、前哨戦のみやこSであれれの4着、でもってジャパンカップダートで2着。このイメージ、まるで昔のワンダーアキュート。それからずっと最前線にいる馬ですが交代交代。ポストワンダーアキュートの台頭に期待しましょう。もうちょっと距離あったくらいがいいと思われてたのはワンダーアキュートも同じですけど、蓋を開けてみれば果敢な競馬でエスポワールシチーをかわしトランセンドの見事2着。みやこSは行った行ったの展開で今回は逆にタフな展開予想されますし、得意の阪神に戻ればもっといいはず。阪神最後ってことで地元小牧騎手も気合入る。母ローザロバータもG1で3回3着するような大舞台に強い(強いか?)血統ですし、ここで一撃くらわす。

ホッコータルマエ父キングカメハメハ母父チェロキーラン
自称血統派としてはこれだけキングマンボいるんだからワンツーでもするんじゃないの?と狙っていくのが筋。ヴァーミリアンの時代から阪神のJCDはキングマンボが3着までしか来てないのと母父チェロキーランでどうなの?ってくらいが心配ですが、最後にまとめてくるんじゃない?と適当に予想。距離、展開不問ですし。

▲ソリタリーキング
☆クリソライト
△ベルシャザール
△ブライトライン
△インカンテーション
△ローマンレジェンド

あえて過去の王者達は買わないドM作戦、裏目に出そうな可能性まんちゃこ。そのヴァーミリアンの下でこの一族は6歳くらいからが本番のソリタリーキング、3歳馬からキングマンボ入ってるクリソライト、上がり馬ベルシャザール、あとみやこSの上3頭。ブライトラインはカネヒキリ目線でいえばフジキセキ上等、インカンテーションはシルクメビウスできるやも、ローマンレジェンドは内がぽっかりとあけば。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック