ニュージーランドTは◎マンボネフュー

去年こそいなかったですけど、確か

8年前マイネルハーティ 東スポ杯5着
7年前マイネルスケルツィ きさらぎ賞3着
6年前トーホウレーサー 毎日杯5着
5年前サトノプログレス (若竹賞) 4着
4年前サンカルロ スプリングS 4着
3年前サンライズプリンス スプリングS4着
2年前エイシンオスマン スプリングS5着

1800重賞でチョイ負けの馬がほぼ勝ってるレース。今年は

ゴットフリート 共同通信杯2着
マイネルホウオウ スプリングS3着
マンボネフュー スプリングS5着 共同通信杯5着

この3頭、たぶん。この3頭から勝ち馬が出るとすごく思うのですが、こういう選択をほぼ間違うのが自分らしさ、それもまたよし。

マンボネフュー父バゴ母父ストームキャット
えいや。01年クロフネ、07年ピンクカメオと6年おきにNHKマイルを勝つ伝統の金子馬、04年にはキングカメハメハも勝っている。さぁ今年はその年です、カミノタサハラじゃね?なんて言わないの。中山1600の新馬戦の一まくり圧勝というエグイ勝ち方観ちゃった人は一生追っかけたくなるものです。キングマンボのネフューという血統背景のNHKマイル適正は言わずもがな、この馬が化けた時のわくわく感は今年のクラシックなんて目じゃない。ここで勝っとかないとそれもおあずけですので期待をこめて。それに中山1600重賞なんてブラッシンググルームの十八番でしょ?レッツゴーキリシマとか(地味だな)外枠でどう折り合いつけるかは三浦騎手の手替わりでクラウンロゼっぽく強引にでも前目にうけて仕上げてくれれば。

○ゴットフリート
▲マイネルホウオウ
☆カシノピカチュウ
△モグモグパクパク
△サクラディソール
△エーシントップ
△ガチバトル

あとはわかんないので適当に。慣れないデータ解析なんぞしたもんでくたびれました。モグモグパクパクとカシノピカチュウにはイヤダイヤダを超えるパフォーマンスを期待。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック