星を継ぐもの。日本ダービーは◎トーセンホマレボシ

金環日食という星と星が織り成す奇跡の芸術、星と星との交わり、生み出された光の輪に皆が空を見上げ歓喜したその週末。星の血の忘れ形見、そしてその名に星を宿すもの。日本ダービー、その結末にもそんな奇跡があっていい。星たちが紡ぐ芸術に酔いしれよう。

てな事いいながら先日の展望、
ダービーの話。働かざるもの食うべからずはあまり気にせず、

トーセンホマレボシ父ディープインパクト母父ノーザンテースト
この馬。イメージ的には去年のJC、兄トーセンジョーダンと京都新聞杯勝ちの母父ノーザンテーストインティライミの積極策。ヒストリカルトーセンホマレボシは脚質は違えど同じクラフティワイフの一族。兄トーセンジョーダンもそうですが、クラフティプロスペクターミスプロの血が土が好天で締まり固まった事で高速化した馬場に合うんですよね。クラフティプロスペクター産駒アグネスデジタルもマイルCSや安田記念でレコード勝ちしてたくらいだし。しかもクラフティワイフの一族は昔からスイッチが入ると止まらないスタンハンセン血統(ブレーキの壊れたダンプカーの意)なんでカンパニーにしろトーセンジョーダンにしろ舐めていると損をする血筋。ダービーを勝つ馬、持ってる馬というのは馬場条件も味方にするものだと思うし、どの馬に合うかと言えば京都新聞杯もそうだし兄叔父もこの舞台で実績を残しているこの血筋だと思う。兄が秋天でレコード勝ちした後、反動もなくJCでブエナビスタを苦しめたのを忘れちゃいきゃせん。騎手も同じイメージで乗ってくれるはずと信じて、となるとブエナビスタディープインパクトに差されちゃう計算になりますので、

ゴールドシップ父ステイゴールド母父メジロマックイーン
皐月賞はあまりにもうまく行き過ぎた、とは思う。高速馬場もどうかな、とも思う。ディープインパクト的に二冠を狙う馬、そしてブエナビスタ的な競馬ができる馬。近年、ダービーはスペシャルウィーク、ウオッカメイショウサムソンなど戦前から連なる在来牝系の血がとても強いんですけども、この馬もそう。その小岩井牝系と覇を争い日本競馬の礎を築き、そして時代の流れと共に淘汰された下総御料牝系。星友、星谷など戦前に輸入された6頭は「星」の冠名が付けられた星の一族。数々のダービー馬を輩出し、星友系からはヒサトモ、トウカイテイオー、星谷系からはサニーブライアン、そしてこの馬の星旗からはクモハタハクチカラが生まれている、って知らねぇよ(こらこら)小さな誉れ星にくらべれば大きな歴史を持つ、太陽ともいえるこの星の血。その血が現在考えられる最上級の血を重ねられたディープ産駒と相対している構図だけで血統派の美奈さん(24歳)は今年のダービーはご飯が食べられるんですが、ダービーに強い在来牝系のスタミナと底力を信じて。

ヒストリカル父ディープインパクト母父ノーザンテースト
カンパニーの最後の方(スーパーサイヤ人になってた時)にいきなり似てる馬で、せっかくなのでクラフティワイフ一族ワンツーがあればこの馬、そんなチャンスは金環日食よりないやろし。そのJC、エイシンフラッシュトゥザグローリーあたりの実力馬が外差し不利の馬場に泣かされて全く力を出せず、2番枠の地方騎手ブエナビスタが勝ったイメージで。ラスト1ハロンの脚はゴールドシップワールドエースをも凌ぐ世代トップだと思う(生で毎日杯観た印象のみの比較)のでこの枠の生かして良い位置で坂上ってきたら面白い、前が開くかどうかは、この血筋がダービー馬として持ってるかどうかにかかる。

☆ワールドエース
△ディープブリランテ
△フェノーメノ
△スピルバーグ
△ゼロス

ドイツ血統ブエナビスタのJCのイメージやディープインパクト産駒そんままで行けばこの馬が勝っちゃうはずなんですが、負けて強しみたいに扱われる馬はフサイチジャンクフサイチホウオーみたいな悪い例しか思い出さない、いやスペシャルウィークは勝ったかこの辺りにワールドエース、あとはインにもぐってうまく貯めたらJCのブエナビスタの岩田騎手が乗るディープブリランテ、ダービーの3着にいるチョロッと差してきてタイプだと思うフェノーメノスピルバーグキングマンボだし端っこに置いておいて損はないゼロスの逃げ粘り。

馬券的には◎と○から。
◎が勝つなんておこがましいことは申しません。好きな馬なんで^^;
では皆様、良い週末、良いダービーを。

この記事へのコメント

るう
2012年05月26日 09:42
ダービー。純粋に予想しました。

◎ゴールドシップ
好走例の無い共通杯から直行の皐月制覇。これまで連逸無し。

○ワールドエース
初の関東圏での皐月賞で色々な不利ありながら大外ぶん回しで連確保。まともなら。

▲トーセンホマレボシ
短期放牧明けの京都新聞杯はあくまでステップ仕様の調教過程。間隔厳しいが、更なる良化で輸送も乗り越えられれば。

若駒たちの大レース。誰がセンターで駆け抜けるのか、私は松井珠理奈に1票デス!
ミシエロ
2012年05月26日 17:32
るうさん、こんにちは^^
やっぱりダービーはど真ん中で決まる形が一番美しいと思いますよ。ホマレボシもいい感じに人気が下がってきたんで見せ場を作ってもらいたいものです、誰がレフトを駆け上がるのか、私は松井秀喜に1票DEATH
2012年05月26日 19:30
では今年の春G1も全滅中のDEATHノート予想を晒しましょう。

◎ ワールドエース (これで勝てなきゃ、祐一は一生、キングヘイローとキングカズの呪縛から逃れられない)

○ ヒストリカル (鞍上のやる気ナシ騎乗は気になるが、きさらぎ賞でみた脚はまぎれもなく◎をビビらせるのに十分だった)

▲ トーセンホマレボシ (まぁね、高速馬場での決着という昨年の秋天と同じシナリオをイメージしている自分には有馬や宝塚にぴったりな血統の皐月賞を勝った芦毛なんか眼中になく、この一族なんだよと)

△ ベールドインパクト(今年の藤岡佑介の重賞勝ちのパターンってさ、結局はこんなんだったなと後でボヤくのが嫌なので)

★ スピルバーグ(よくわかんないけど、ダービーって1枠買っておけば当たるでしょ?的な。いや、POG指名馬なんです)

☆ ディープブリランテ(今年の物差し馬。でもあんまり人気しちゃうなら消して、クラレントとコスモオオゾラに逝っちまうぞ(#゚Д゚))
2012年05月27日 05:13
おはようございます。今日、5月27日、日本ダービーの日がやってきましたね。

その5月27日の日本ダービーというと、最近では牝馬のウオッカが父娘制覇を果たし、○外開放元年の2001年はジャングルポケットが勝利の雄叫び(?)をあげ、競馬史上最高の入場者数を記録した1990年はアイネスフウジンが逃げ切り勝ちを収めて「ナカノコール」があったり、1973年にはハイセイコーがタケホープに負け、その父の無念を6年後の同じ日にカツラノハイセイコが晴らしたり、日本競馬のターニングポイントとも言えるレースとなっています。

そんな中で、昨年はオルフェーヴルがクラシック三冠馬となりましたが、その走りはミスターシービーを思わせるようなド派手さを兼ね備えた競走馬で、日本近代競馬150年を迎えた今年は28年前の5月27日に行われた日本ダービー馬シンボリルドルフの流れを汲む勝者の誕生ということで、ゴールドシップが勝つのではないかと見ています。

ただ、トーセンホマレボシが勝てば史上初の調教師による連覇、ワールドエースが勝てばそれプラス同じ馬主による連覇、ヒストリカルであれば最年長のダービージョッキーの誕生などなど、いつも以上に話題には事欠かない2012年東京優駿・日本ダービー、ものすごく楽しみです。
ミシエロ
2012年05月27日 05:26
もんぷさん、おはようございます^^
奇遇ですね~私のDEATHノートとちょっと似てますね^^;ゴールドシップは要りませんか、侍ですね~。私はビビリなんで手広く買って大損しそうな気持ちが満載ですよ。ホマレボシ、府中結構高速じゃなさそうなんですけど…。
ユメノシルシ
2012年05月27日 05:28
つい最近ホマレボシとヒストリカルが近親だと知りました。プレゼンターがAKBの連中だということも知りました。オリンピックの年は皐月賞組以外が勝つらしいです。などなどと余計な情報ばかり集めてポポポポーンです・・・。

あまり多点買いはしないんですが、ヒストリカルとクラレントからダラダラ買ってみます。ダラダラ買いのコツがあれば教えてください!!
ミシエロ
2012年05月27日 05:30
まつり駿楽さん、おはようございます^^
おぉ○◎が一致しましたね~これは嬉しいですよ、しかも星旗の事を書かれているなんてさすがです。近代競馬150周年にふさわしい、歴史に誇れるダービーを楽しみに待ちましょう!
ミシエロ
2012年05月27日 05:36
ユメノシルシさん、おはようございます^^
皆さんしかし早起きですね~三文の得といきたいところですよ^^「オリンピックの年は皐月賞組以外が勝つ」ほんまでっか?ダラダラ買いのコツですか?財布に入ってるお金を計算しないことですね(あかんあかん)クラレント、やる競馬はわかってますし良馬場なら底みせてませんし再び穴になるかも^^しかしAKB好きですねJRAは、私はサードは大島康徳を一押しです!
2012年05月27日 09:24
ディープの牡は、G1ではこないのだ。
と決めつけています。
やはり、ステゴの仔でしょう。
私は、フェノーメノのほうです。
ミシエロ
2012年05月28日 05:26
フセインさん、おはようございます。
フェノーメノ、素晴らしい脚でしたね。ディープブリランテとの差はわずか、秋も楽しみです。

この記事へのトラックバック