ヒカルアモーレ。

昨日のレース回顧にも書いた事とほとんど内容同じなんですが、しびれたレースがあったので別枠で。

2月11日(日)の京都3レース新馬戦を圧勝したヒカルアモーレ
パドックでやたら暴れまくり、しかも他の馬を威圧するようなすごいオーラ。
後から気づいたら、牝馬だった。なんだこのムキムキの馬体は!
レース映像は こんな感じ でした。(youtubeですけどに。)

画像

画像


スタートからかかり気味にハナを切り、4コーナーで並ばれそうになるも、そこから楽に突き放し、もったままで10馬身差の圧勝。タイムが遅いのは突っ込みどころも、父はクロフネ。そのクロフネの毎日杯を思わせるような迫力と大物感を感じました。気性面でかなりの問題児っぽいですが次が楽しみです。クロフネ産駒はポカも多いので、もまれて惨敗は絶対どっかでやらかす!

画像

フサイチリシャールシェルズレイといいクロフネの産駒は芦毛の方が当たり?早熟とかいう話は2年目の産駒にするのはまだ早い。芝でも試して欲しいなぁ。(人気なら蹴ってみるけど。)あわよくば桜花賞に間に合うか?妙にエラそうなあの姿を阪神のパドックで、また観たい。

ヒカルアモーレ
父クロフネ母父Kaldoun(カロ系どす。)
ちなみに母系にはストラタジェムがいたりする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック