予想 キーンランドCは◎チアフルスマイル

過去のキーンランドCの分析から
[ポイント]
ノーザンダンサー系(特にエリシオ系・ダンチヒ系)が好調
ミスプロ系がまあまあ
③ダート短距離戦で連対経験がある馬が強い。
④牝馬も強いレース(05年・00年は3着まで独占)
以上のポイントから

チアフルスマイル
父サンデーサイレンス母父ミスタープロスペクター。中距離をここの所走っているが芝1200m(3101)が示すように短距離は実は得意。クイーンSは横山騎手の謎の騎乗法^^;で届かなかったがダントツの上がりを記録。札幌の芝への適性もかなり高い。

コパノフウジン
ヘネシー母父スキャン。父はストームキャット系統のノーザンダンサー系。母父スキャンはミスプロの地雷穴血統。ダートの実績もあり、力のいる札幌の馬場はおそらく合う。重賞2着も2回あり、休み明けの分で人気を落としている今回こそ買い時。

モアザンベスト
ジャイアンツゴーズウェイ母父シアトルスルー。父はGⅠ5連勝を含む6勝をあげ、ストームキャットの最高傑作とも言われたノーザンダンサー系。先週の同条件を逃げ切るなど芝1200(4001)札幌芝1200(2000)と成績だけならパーフェクト。ギャラントアローと違って無理に逃げなくても良い気性も○。

ダイワメンフィス
父ウォーニング母父グリーンデザート。母父はダンチヒ系統のノーザンダンサー系。代表産駆はメジロダーリング。ダート実績もあり福島芝1200mで何度も好走している事から小回りのこの条件はベストかもしれない。

×シーイズトウショウ
父サクラバクシンオー母父トウショウフリート。ここまで人気するのもどうかと思いますが、抜けた実績で別定55キロで出られる今回は函館SSのような事はないはず。ただしたまに謎の敗戦をする馬なので絶対の信頼までは疑問。

今週の「リドパレス先輩は人気者!」
リドパレス先輩とは?
危)ギャラントアロー
珍しく人気してる^^大好きな馬で56キロで出れるのもかなり魅力なんですが、シーイズトウショウと一緒に走る時ってことごとく早めに来られてつぶされてるんですよね(もしや目標にされてるのでは)。言った途端勝ったらそれはそれで嬉しいですが^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック