ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS ダービーの話。ドバイにまつわるエトセトラ。

<<   作成日時 : 2011/05/25 07:00   >>

トラックバック 4 / コメント 6

実に長かった。今週の土曜日、半年ぶりに京都に行って来ます、楽しみです。アーネストリー、ドバイ帰りのルーラーシップになんかに負けないでしょうね?てか負けないで、ねぇってば。さてダービー、書きたいネタが2つあるんですが書ききれるかどうか、その1。

デボネアにデットーリが」
いいなぁこういうワクワクするようなニュース。しかも血統的には19年前、ジャパンCを勝ったモハメド殿下&デットーリコンビのシングスピールの血。「デットーリ」という騎手の凄さを日本で轟かした最初のレースかもしれません。とりあえずエリシオファビラスラフィンの子には負けられないでしょ?

そして10年前、殿下の本丸、ドバイのシーマクラシックでステイゴールドファンタステイックライトが敗れた恨みを晴らすべく殿下が本気になりました。ブエナビスタルーラーシップも勝てなかったレースですからステイゴールドの快挙は今考えればスゴい事。→VTR

奇しくも同じ左回りの2400というチャンピオンディスタンス、相手にとって不足なし。デボネアがそこまで強いか?ってのは別問題で来ればさすがさすが50馬身は違うというデットーリ。足りなきゃ人気させた奴誰だよwwなだけで結果はどうあれ楽しみです。お忍びで殿下も観に来るかもという噂もあります、昼休みに殿下の予想大会せえへんかな。

ステイゴールド→デットーリ馬券というのは血統ロマン派としては面白いかもしれませんし皐月賞前に書いた、「日本ダービーの血統結果が凱旋門賞につながるとかつながらないとか」視点から見れば、ステイゴールド産駒ナカヤマフェスタが今年の凱旋門賞を勝てば丸くおさまる話です。

皐月賞馬がステイゴールド、そしてデットーリ&ゴドルフィンがやってきたというダービー。それは一つの言葉でつながってゆく、それはもちろんドバイという言葉。今年最大の競馬界の話題といえばヴィクトワールピサのドバイWC制覇と日本馬のワンツー。そこで決め打ちしましょう、「今年のダービーはドバイにまつわるエトセトラ」と。

ドバイシーマクラシックといえば忘れちゃいけないもう一頭勝った日本馬がいます。そう、5年前のハーツクライ。→VTR
ハーツクライ産駒、正直がっかりな馬ばっかりですがダービートライアルまでの父もそうでした。京都新聞杯でその能力をようやく全開させ、続くダービーでキングカメハメハのレコードの2着。後に相次ぐ故障馬を出したそのダービーのダメージからか約一年は精彩を欠きましたが4歳秋。再び巡ってきた府中2400の舞台、鞍上にルメールを迎えデットーリ騎乗のアルカセットとの壮絶なレースをまたしても2着、またしても2着。

しかしそれで終わらないのがハーツクライ、続く有馬記念ではディープインパクトの追い込みを退けG1初制覇、日本馬でディープを負かしたのは後にも先にもこの馬だけ。そしてドバイに渡りシーマクラシックを制覇するに至ります。その後はノド鳴りに悩まされJC後に引退、一瞬、いや二瞬の輝きのために全てを出しきったかのように。ハーツクライの子がハーツクライの子たるとすればウインバリアシオン、この瞬間、スーマリで言えば☆食ってピカピカな所ではないでしょうか。「青葉賞の怪しい法則」からも自身がダービーに絡むパターンです。

シングスピールアルカセットハーツクライ、そしてステイゴールド。不思議な縁でつながる種牡馬と騎手。そしてドバイシーマクラシックを勝った同じ勝負服の2頭の子がゴドルフィンを、デットーリを退ける。これで「ドバイなクラシック」が完結、チャンチャン。いや、デボネアが勝った方が丸くおさまるのかな?

以上、ダービーの話その1でした。
青葉賞馬は2着まで?ハーツクライは2着まで?そんな気もしつつ、一旦この話は忘れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本ダービー(東京優駿) 2011 展望 その1 【重馬場でこそ買いの血】
東日本大震災義援金の受け付けについて ...続きを見る
稀に的中?3代血統で重賞予想
2011/05/25 05:41
ダービーとオークスの関係
左は【日本ダービー】東京芝2400mと前の週に同コースで行われるオークスの1〜3着馬の血統です。 「系統色分け表」はこちらです。 (クリックすると大きな画像で見ることができます。) ...続きを見る
【血統フェスティバル】blog
2011/05/25 08:34
日本ダービーで稼ぐぞ!消去法編
日曜日、東京のメインは日本ダービーG1! ...続きを見る
わがまま♪新馬券生活!!
2011/05/25 09:52
東京優駿(日本ダービー)【考察】
第78回 東京優駿(日本ダービー)出走馬 タイムフィルター 指数上位馬1位:オルフェーヴル(皐月賞 92)2位:コティリオン(NHKマイル 90)3位:サダムパテック(皐月賞 88)4位 ... ...続きを見る
phc blog
2011/05/25 11:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
流石です。

まさか、デボネアとデットーリの話を読んでてスーマリの☆食ってピカピカな話までくるとは予想だにしませんでした。

さて今週。心はすでにステゴと心中と決まってます。そして、ミシエロさんが皐月賞では激推しされていたノーザンリバーはどぉなんでしょ?(買いませんが。)

たぶん、パテックもコティも買う私はレーヴやらラーは買えません。でも雨予報の週末なので、雨のダービーを勝った父に、雨の菊花賞を勝った馬を母父に持つ、あの馬を買うやもしれません。
もんぷ
URL
2011/05/25 11:13
ステイゴールドを以てステイゴールドを制す。ドリームジャーニーをナカヤマ柴田がやっつけた昨春の再現で、その弟をナカヤマ柴田が退治しちゃえば、ちゃっかり父は二冠達成。そんな種牡馬でしょうか!?

ナカヤマナイト。あまり買う気なかったんですが、本命候補だったダノンバラードいなくなりましたし、あまりに強気すぎるコメント(柴田大先生)なんで煽られてます(笑)

再び殿下はステイゴールドに負けるってことになりますので、外交的な根回しお願い申し上げますm(__)m
ユメノシルシ
2011/05/26 01:13
もんぷさん、おはようございます。
お褒め?の言葉ありがとうございますmm実はまだ本命馬決まってなくてとりあえず浮かんだ話だけつれづれに書きました。馬場の心配はしても仕方ないのでしないことにしました。でもオールアズワンは年初に「ダービー馬」とほざいていたので抑えるつもりです。やっぱりステイゴールドなのかなぁ、ディープ産駒どこまで来るのかな、来ないのかな。

ノーザンリバー?ロジユニヴァースの近親なので皐月賞の大敗は目をつぶれますけど何か?むむむ。
ミシエロ
2011/05/26 05:21
ユメノシルシさん、おはようございます。
ステイゴールドはそんな種牡馬だと思いますよ、そこまでオルフェーヴルが抜けた人気になるとは思わないですけど。アグネスタキオンが前に変則2冠しましたがステイゴールドもあるのかな。ナカヤマナイト、調教も抜群みたいですよね。どっちか言えばフェイトフルウォーの方が勝負服的にも気になるんですけど^^;

しかし殿下が来るらしいですね、デットーリよりこっちのが凄い気がします。そういう時はしかるべき馬、馬主が勝つような気もしています。ナカヤマナイトの弟、モハメド殿下の馬らしいですし、ここでナカヤマナイトが気張るようだと殿下も満足するのかな、しないのかな。
ミシエロ
2011/05/26 05:31
こうしてビデオを見させて貰うと、ステイゴールドという馬は根性があったという事が解ります。
ステイが勝った時のシーマクラシックは、G2でしたが、次の年からG1に格上げされました。
G2でも、ファンタスティツクライトを破っているので、G1を勝ったも同然でしたね。

ハーツクライは、堂々とG1になってから勝ったからこれも優秀かな。
さあ、どっちの仔が強いんだろうか。
楽しみですね。
フセイン八木
URL
2011/05/26 17:08
フセインさん、おはようございます。
ステイゴールド、これも香港ヴァーズも劇的な勝ち方であらためて根性を感じさせますよね。香港ヴァーズの時も2着はデットーリ騎手でした、それも縁でしょうか。どっちの仔が強いんでしょうか、今年はステイゴールドの方かな?
ミシエロ
2011/05/27 05:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ダービーの話。ドバイにまつわるエトセトラ。 ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる