ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS 菊花賞の話。あーっという悲鳴はいらないのか。

<<   作成日時 : 2009/10/22 23:58   >>

トラックバック 6 / コメント 2

きさらぎ賞勝ち、皐月賞惨敗、ダービー2着してトライアルで切れ負けして本番。
10年前のナリタトップロード、2年前のアサクサキングスと菊花賞馬が歩む
「王道」です。リーチザクラウン。二度あることは三度あるんでしょうか。素直にそれでいいような気もします。

しかし神戸新聞杯から何が何でもセイウンワンダーを本命にしてやろうと思ってましたので、逆転できるこじつけを考えたいと思います、何せ好きなもんでこの馬。

A面 あーっという悲鳴にかわりました

   菊花賞で逃げ馬が1番人気に推されたのは92年菊花賞。ミホノブルボンが三冠に挑んだ菊花賞で勝ったのは、そうライスシャワーでした。ダービーでも、菊トライアルでもミホノブルボンにことごとく負けましたが、3000の舞台で大逆転。その血はリアルシャダイセイウンワンダーの母母父に潜みます。

神戸新聞杯で最後リーチに詰め寄ったのは、京都新聞杯でライスシャワーが最後ミホノブルボンに迫ったのと同じ匂いを感じます、え?感じない?うーん、キョウエイボーガンみたいなのがリーチの逃げを邪魔せんかいな。とはいえ、ダービーの2着馬が菊花賞勝ってるんですけどね。なら

B面 もう言葉はいらないのか

   99年宝塚記念。春の天皇賞を勝ち古馬王道路線を突き進むスペシャルウィーク。勝てば凱旋門賞へ挑戦と言われた一戦。「ここぞ」という時に武豊騎手のスペシャルウィークの飛躍を台無しにしたのは、そう「天敵」グラスワンダーです。この後、年末の有馬記念でも秋天→JCからのグランドスラム達成もこの馬に拒まれます。思えばセイウンワンダーの父じゃありませんか(白々しいよ)

名前的な箔をつけるためにもラスト一冠獲ってないと笑いもんになりそうなんでどうしても欲しいリーチザクラウン、その野望を拒むのは、10年たってもまたグラスワンダーでした、ないかなぁ。ちなみにこのレース、「99年7の月に恐怖のダイオーや!」とニシノダイオー馬券を握り締めていたのは若気のいたりです。

C面 逃げた逃げた逃げた

  さてスペシャルウィーク自身が出走した98年菊花賞、なんてったって勝ったのはセイ以下ry。「今日の京都競馬場の上空と同じ、青空!」と清師匠がおっしゃってますが、今週末は雨ですってよ、ダメじゃん。

これだけ考えてもセイウンワンダーが勝つイメージが浮かびません…

もう明日から前売発売なんですね。
五指に余る魅力的な穴馬が満載な今年の菊花賞、2頭いるダンスも怖いし、雨のキングマンボも2頭いるし、なぜかチーフベアハートまで2頭、君ら2頭セットばっかりやね。セイウンワンダー萌えが最後まで続くか、誘惑に負けちゃいそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菊花賞で稼ぐぞ!有力馬の血統・データ編
京都11R 秋華賞 GT ...続きを見る
わがまま♪新馬券生活!!
2009/10/23 06:58
「菊花賞」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「菊花賞」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「菊花賞」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2009/10/23 07:36
2009年菊花賞データ、消去データを要チェック。
2009 菊花賞 データ 2009年10月25日4回京都6日  第70回菊花賞(G1)京都芝3000m 3歳 ...続きを見る
激走!データ競馬ブログ
2009/10/23 08:07
【菊花賞(2009年)】血統傾向のまとめ
【菊花賞】京都芝・外3000mの血統傾向のまとめです。 ...続きを見る
【血統フェスティバル】blog
2009/10/23 09:39
第70回菊花賞(Jpn1)2009年 ラップギア
こんにちは てつです。出走馬のラップギアを調べました。予想の参考にどうぞ。【ラッ ...続きを見る
競馬データによる必勝法
2009/10/24 07:27
【データ】菊花賞
競馬ブログランキング ...続きを見る
Admire Style
2010/10/19 18:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大混戦の菊花賞こそ、「忘れたころのダンス一発」だと思っています。
タテヤマ→ザッツ→デルタとSS産駒全盛期に菊花賞連対馬を連発し、巷では「SSの次はダンスインザダーク!」と騒がれ一旦は種付け頭数トップの座に立ったのに・・・。
デルタブルース以降、不器用さが災いしてクラシックの舞台に上がることすらできない産駒が多数。得意の菊花賞にも産駒が一頭も出走できなかった昨年…。

しかし今年の菊こそ「長距離のダンスインザダーク」を思い出すためにあると思ってます。

昨年の菊花賞当日、アンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタが揃った伝説の新馬戦でGI級3頭の次に来たスリーロールスが1年かけてライバルに追いついたら素敵!

人気でしょうけどフォゲッタブルにも期待しています。この馬は人気ばかり先行するエアグルーヴ産駒の中では見限られるのが早かった気がします。しかし人気が下がった近2戦で急成長したところに、底知れぬ魅力を感じます。
あらっち
2009/10/23 00:24
あらっちさん、こんばんは^^
「菊のダンス」ダンスがここまでキャラ立ち(悪い意味で)するとはデルタブルースの時は思いもしませんでしたが、今年は2頭とも魅力的ですよね〜。フォゲッタブル、セントライト記念でもお互い応援しましたよね〜!不器用で勝ちあがれない所を3着に届いた所にこの馬の持った運を感じますよ。「見限られて人気が落ちると走る」なんて先週のムードインディゴといい典型的なダンス街道まっしぐらなのが底知れぬ恐怖を感じさせますし。リーチが暴走して血みどろのHペースになっても、すいすい背泳ぎで泳いできそうで^^;

スリーロールス、「伝説の新馬戦4着」って看板だけでびびる空気は外人レスラーぽくて大好きです、「400戦無敗」「熊殺し」みたいな^^

結構菊花賞ってダンスとかホワイトマズルとか、ベタな長距離血統がそのまま走る傾向にもあると思うので、かなり楽しみにしておりますよ!馬券はどうしようかと悩んでるのですけど^^;
ミシエロ
2009/10/23 00:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
菊花賞の話。あーっという悲鳴はいらないのか。 ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる