ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS エリザベス女王杯の話、キングヘイローの贖罪。

<<   作成日時 : 2008/11/12 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

ブログを始めて2年、一番多く読んで頂いた記事は未だになぜか
2年前のエリザベス女王杯、の「回顧」であります。当たってないレースです。

[回顧]エリザベス女王杯〜◎カワカミプリンセス、降着!

とりとめて面白い話を書いた訳でもなく。リンクか何かがヒットしただけでしょう。
でも、ケタ違いに多かったのです。そんなに、人の不幸がハニーなんでしょうか。

それから2年、カワカミプリンセスがこの舞台に帰ってきました。
そこで大事なポイントがあります。降着になった理由を挙げましたが

1.キングヘイローから福永騎手への恩返し

あれから2年間、私はその事についてずっと考えてきたように思います。
あれは、カワカミプリンセスの優しさと甘さゆえではないかと。
そして、キングヘイローの仔の慈悲深さ、そして背負った罪の深さゆえと。

画像


福永騎手と言えば父が誠にお世話になった騎手。
(そのあたりご存知ない方はこちら
「超良血なのに甲斐性なし」な親父の暗黒面から遠く離れた姫はオークス、秋華賞を快勝。エリ女も楽勝ムードでした。ただ、ふと直線で姫は思ったのです。

「私、このままでいいのかしら」

と。せっかく父上の最高傑作として素質を授かったのに、父上を一番愛してくれた福永騎手に、何のつぐないもしていないじゃない。

「このまま勝ってもいいのかしら」

その一瞬の迷いがあの斜行につながったとすればどうでしょう。
計らずも「父がハンパしてゴメン」という福永騎手へのつぐないになったのです。
それを感じとった福永騎手の勝利騎手インタビューは、涙をこらえ、顔が引きつったように見えるのです、ええ誰が何と言おうと。「愛ゆえに苦しまねばならぬ」と昔の偉い人はいいました。「ならば愛などいらぬ」と。誰よりも愛深き情深きゆえに。なんのこっちゃわからなくなってきました。

あれから2年後、姫自信、辛い思いもしてやっとここへ帰ってきました。
大人になった姫は、今度は自分の復権のために旗を立てる番です。
しかし、カワカミプリンセス自身が生まれ変わった訳ではありません。
歴史は繰り返す。再び、愛してくれた騎手へのつぐないがあるとすれば、

本田騎手、はいません。ではその後を託され、3度の手綱を許した騎手。

「本田さんの後を託されたのに、ゴメンね。私。ナマしちゃって」

そう、武幸四郎騎手へのつぐないの舞台となるかもしれません。

「愛をつぐなえば 別れになるけど こんな女でも 忘れないでね」

それはテレサテンでした。無視して下さい。

今週のエリザベス女王杯、楽勝ムードの直線。

「私、このままでいいのかしら」

という姫の優しさと迷いが、また生まれるとしたら。
「せめてもの罪滅ぼし」と、また自らを捨てて、
過去に自分を愛してくれたヒトへの償いがあるとすれば

レインダンス、あると思います。

でも普通にレジネッタでいいようにも、思います。(なんだそれ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キングヘイロー産駒
エリザベス女王杯の有力馬カワカミプリンセス。その父キングヘイローの産駒データ。 ...続きを見る
【血統フェスティバル】blog
2008/11/13 10:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そう言えば、そんな降着騒ぎがありましたよね。
あれが無ければ、完璧な女王の誕生でしたのに。
しかし、それから姫は調子を崩して、納得のいくレースをしてません。
失った過去は、やはり大きすぎるのか・・・・・。
フセイン八木
2008/11/13 05:21
アスクデュピティに◎の予定です。ここでフレンチデュピティ産駒です。「ふれん道」は、ほったらかしです。(気にしすぎ)連続挑戦馬が多いエリ女ですが…今年は、去年出走した馬が1頭も出てません。過去(10年位?)にこんなことなかったような… で、今年からは(今年は?)傾向が変わるのでは?格(?)ではおとりますけど、ここ6戦ずっと上がり1位らしいですし…3着に突っ込んでくるのではないかと…勝負する段になって心が折れないようにここに書き込んでおきます^^; 勝負っていっても300円ですけどね…カワカミプリンセスは横山典らしいですね。○決定です。あと▲…今週も師匠のキルクルにしようかなぁ^^;
300円
URL
2008/11/13 07:12
フセインさん、こんばんは^^
今考えると、トールポピーのオークスの方がよっぽど降着なのでしょうけど、それはそれ、これはこれですから。あの時に埋まらなかったからこそ、2年後のこのレースが残りの1ピースを埋めるためのレースとなる。失った過去も全てひっくるめての大団円、果たして迎えられるでしょうか。ブログで予想するのと本音とは違う部分がどうしてもありますが、カワカミプリンセスとベッラレイアどちらにも勝たしてあげたいですよ^^
ミシエロ
2008/11/13 23:09
300円さん、こんばんは^^
「連続挑戦馬」「過去10年」「上がり1位」どうしたのですか、そんな普通の競馬用語が並ぶなんて。何か悪いものでも食べましたか?「いいじゃん、別に」ですか?えーと何でしたっけ。アスクデピュティ。しかも日曜は雨予報が出てるみたいですし、フレンチの王道買いができそうですね〜。良かったら私がキルクルにして後押しいたしますよ^^まだ本命馬どうしようか考えてます。素直にカワカミプリンセスの1着固定馬単ですかね、怖すぎますね^^;
ミシエロ
2008/11/13 23:14
ミシエロさん、こんばんは^^出ましたね!キングヘイローの呪い(☆'゜∞`)ゝ&恩返し❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)いつ読んでも良くできた話だと思います!名作ですね^^    当の本人(馬)は「フ・フ・っフクナガクン、今回はまっまたゼ絶好調の馬に乗ってきたね。。。で・でもね・・・うウチのプリンセスもノ・ノリノリなんや。。。マ負けへんで。。。」と秘かに闘志を燃やしてそう。さあ、フクナガさんマーク・マーク!そんな因縁の戦いをよそに、私は「AF3」で勝負しますmm「エア姐」の仔、リア・ディゾンのようになる前に、G1の勲章を勝ち取って欲しい。そして、キングヘイローと合体→産まれた仔は「クロキンポルノ」とっても強そうです!!P.S.馬の睾丸のパウダーを飲むと、パンツを突き破る!!!らしいです!!!mm
エロシミ
2008/11/14 01:00
カワカミプリンセス=テレサテン

いや、無視できないですね。すごいぴったりですよ。てか今や牡馬相手をなぎ倒しまくりのダスカやらウオッカがロックだとするなら、カワカミプリンセスはまさに歌謡曲。
イケイケドンドン(でもむかしは自分もそうだった)ではなく酸いも甘いも味わいつくした大人の女ですよ。
キャバいってそうな幸四郎じゃぁそりゃぁまだまだ若いですわな。スナックやクラブ行ってそうなノリちゃんの手が合うのも納得です。

スイープがいなくなった牝馬路線で大人の女のたくましさを見せ付けるべく、今週末はカワカミの奮闘に期待します。
Lemon
2008/11/14 10:40
エロシミさん、こんばんは^^
フハハ、そこまで先を妄想されてるとは素晴らしい、「クロキンポルノ」めちゃんこ強そうですね!どこが黒いのか気になりますよ。さすがに「ポルノキング」ではダメでしょうからね、B級月刊誌みたいな名前だし。ヘイローは奴の意味ありますから「コノポルノヤロウ」それも駄目か^^;という訳でポルトフィーノ、楽しみにしております。雨予報もムキムキ向きそうですしね。AF3、すっかり忘れておりましたが、レジネッタはどうですかね?どちらにしても福永騎手はキングのストーカーですから抑えるつもりですよ^^

ミシエロ
2008/11/14 21:11
Lemonさんこんばんは、ご無沙汰ぶりです^^

あ、それだ!それで幸四郎はなめられて「坊や」扱いされたんですね!場末のスナックの匂いがする本田騎手と合ってたのもやっとわかりましたよ。姫=歌謡曲、確かにぴったりです。日曜の冷たい雨も似合いそうですしね、「外は冬の雨まだやまず〜この胸を濡らすよに〜♪」氷雨的な情を感じますよ、意味わかりませんけど。坊やだった幸四郎が成長した姿をママに見せる事ができたら、「あぁ、あの可愛い坊やがぁ…」とまた一曲吟じれませんかね。そんな「しみったれた」エリザベス、楽し過ぎますよ^^
ミシエロ
2008/11/14 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エリザベス女王杯の話、キングヘイローの贖罪。 ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる