ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS 函館記念の話。やい、ジェネラスのくせにジャーマンだぞ

<<   作成日時 : 2008/07/23 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

ただいま暑中見舞いを鋭意製作中。いざやり出すとなかなか進みません。
子供の写真をつけるんですが、いざ選び出すとコレってのがない。
しかも親戚筋メインなのでおふざけが許されないのが何よりつらい。

で、気分転換に函館記念の展望です。

エリモハリアー。よっぽど函館記念が合うのか4連覇がかかります。
函館記念になると必ず元気になる難儀な馬。
映画版になると必ずいい奴になる某有名いじめっ子を思い出します。

画像


その父はジェネラス
91年の英ダービー、愛ダービー、そしてキングジョージを圧勝し、
当時は名馬カーリアンの最高傑作といわれたそうです。

96年にJRAに購入されましたが、産駒が重すぎて大コケ。2000年に入ってニュージーランドに追い出されるように荷物まとめて売り飛ばされてしまいました。

「売られた種牡馬の子はよく走る」とザグレブも言っていましたが、そんな中ひっそりあらわれたのがエリモハリアー。(私はヤナギムシに期待したのですが…。)
しかし父ジェネラスはとっくに売り払われ、この馬もせん馬。つまり日本におけるジェネラス道はもはや未来がないのです。

だからジェネラスリサイタルを盛大に開催し「ボエー」と雄たけびをあげる事も、ジェネラスシチーじゃなくシチューだったら「どろ〜り」」だったのにね、なんて冗談もとても言えません。

しかしそのジェネラスさん。今どうしてるのでしょう。風の便りでは、06年のスロヴァキア年度代表馬を産み(Ryanという馬。)、そして去年はドイツオークス馬を出したそうです。(ミスティックリップスという馬だそう。)風が向いてきています。

ジェネラスが年度代表馬?オークス馬?日本じゃまず考えられません。
そこがドイツ・ゲルマン帝国の懐と芝の深さ、ズブズブのステイヤー血統が開花する土台と復活させる器用さは十分にあったのでしょう。(スロヴァキアもなかなかの懐を…)じゃ、今ジェネラスはどこにいるの?それは謎です。しかし、函館の洋芝とドイツの重い芝も近いものがあるのかもしれません。という事は…

ジェネラスはドイツではクラシック勝てる主流血統。

俺のモノは俺のモノ、お前のモノも俺のモノ

ドイツ血統は函館記念で通用する。

と仮定しますと、番人エリモハリアーを越える馬は決まってきます。
それはマンハッタンカフェ。母系がドイツこてこて血統で固められた重厚血統馬。
特に三代母Suleika ズライカは4頭のドイツクラシック馬と、英ダービー馬スリップアンカーを出したドイツを代表する名牝であります。

ドイツと函館記念でジェネラスがのさばる時代、
そんな母なる血を継いだ元祖ゲルマン血統が合わないはずがありません。
脈々とつながれてきた「S」のイニシャルに恥じるレースはできません。

期待しましょう。という訳でご紹介!出でよマンカフェーン

画像


騎手の態度はジャイアン級!(こらこら)
やり方がヒマラヤンブルーぽいぞマンハッタンスカイ

騎手のしょぼさはのび太級!
バカなもんでココナッツパンチと区別つかないメイショウレガーロ

こら待て待て!
未来のなさと重さならジェネラスに負けん!エリシオ最後の希望ピースデザイン

秋天目標は悪いジョーク?ジェネラスならまだ伸びシロあるやもエリモハリアー

この4頭から本命を選びたいと思います。(マンカフェじゃないのかよ)
え?今年の馬場は異常に速いからどうのうこうの?気にしない気にしない。

では函館記念の展望でした。
今一番欲しいひみつ道具はエスキモーエキスです。あと無敵砲台あれば十分。
最後まで読んでいただいてありがとうございました〜。あー暑い〜
ランキング

さぁ、暑中見舞いの続きをがんばりますmm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【函館記念(2008年)】登録馬の血統
【函館記念】過去5年の1〜3着馬の血統・レース内容から注目馬を探します。今年の登録全馬の血統も掲載。 ...続きを見る
【血統フェスティバル】blog
2008/07/24 09:41
函館記念 過去の傾向から
エリモハリアーの函館記念4連覇なるか!?の函館記念です。昨秋はオールカマーや毎日王冠でも掲示板に載る好走をしジャパンCにまで出走したエリモハリアーですが、2005年以降この馬函館でしか勝ってないんですね。そして05年以降の勝ち星4勝中3つがこの函館記念。.... ...続きを見る
ニュータイプ的競馬
2008/07/24 12:44
函館記念【5】
残りの馬たちを再チェック。 追い切りが抜群だったキングトップガン/安藤勝が出走取消。 真夏のハンデ戦、なかなかシンプルに絞りきれま&... ...続きを見る
PortStage KEIBA
2008/07/25 00:05
第44回函館記念(Jpn)の1着馬は?
函館競馬場で行なわれるサマーシリーズ2000の第2戦の函館記念はハンデレースではありますが昨年まで3連覇しているエリモハリアーが史上初のJRA同一重賞4連覇を目指し出走してきます。一方函館競馬場を得意としている馬も出走してきており、ハンデ戦も重なり大荒れという可能性もあります。最近不調だったエリモハリアーが4連覇を達成するか!新興勢力か!重賞常連組みか!楽しみな一戦となりそうです。 ...続きを見る
しげぽーね@eBet
2008/07/25 01:53
【競馬】今年の馬券成績(7/20現在)
久しぶりに今年の馬券成績。ついに回収率100%を切って、99%&amp;#63909;&amp;#63909;&amp;#63909;ダメだべ~開催替わりで若干持ち直したけれど、前開催の成績の悪さは特筆もの。・・・こんな感じで・・・前開催の回収率53%って!!!しかも・・・損害額が半端やないわ・・・前開催は降級馬が勝ちまくりでガッチガチの配当が多かったのが効いたわ~降級馬もだいぶ抜けて、今までどおりの馬券戦術で通用しそうなので、来週はバッチリ儲けたいね。 ...続きを見る
にたろうの退屈な日々
2008/07/25 02:33
第44回 函館記念【G3】
第44回函館記念(G3)、JRAより枠順も発表となり予測も最後の一詰め。 あやしい図面に新兵器 『PortStageポイント』 も新登場( ^^)ノ .._◎iii ...続きを見る
PortStage KEIBA
2008/07/26 01:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
伝説のシチューからの分析・展開、お見事ですwww
函館記念4連覇も見てみたい気もします。

エリモシチューsanの天皇賞(秋)は、毎日王冠4着→JC12着から、一番向いてそうな2000mをスキップしてしまった反省かも?!

ワタシはJCで買ってしまい、思い返せばイチゴジャムでも大福でもいいから食べれるものを買えばよかった苦い記憶もあります( ^^)ノ .._◎iii
PortStage
URL
2008/07/25 23:00
PortStageさん、はじめましてこんばんは^^

JCで買ったとはサムライですねー!「味の素の素」かけても私は食べれなかったです、よく知らない塩辛(外国馬)買ってしまいましたが…。でも4連覇、見てみたいような見てみたくないような=伝説のシチューと同じ匂いを感じます。セミの抜け殻がシチューの隠し味らしいですが、さてどの馬でしょうか^^;

にしても、PortStageさんの週半ばの考察はよく見てらっしゃいますねー。ブレーヴハートが函館で掲示板を外したのは一回だけとは考えもしませんでした。結論の予想も楽しみにしております^^
ミシエロ
2008/07/26 00:05
調味料にセミの抜け殻を使う天才的な発想は無理ですが、数字の見方にこだわって取り組んでますww

おかげでちっとも偉大になれぬまま、妻に馬券下手と思われたまま、死ぬのが今から悔しいです。

ブレーヴハートを推奨する方には、ちょっと変わった方や、ワタシのような組織でうまくやっていけないタイプの方も多いかもしれません。どうしても頑張って欲しい!(自爆)
PortStage
URL
2008/07/26 01:33
PortStageさん、おはようございます^^

おぉ◎マンハッタンスカイですねー。いえいえ、数字の使い方が自分勝手な様子で楽しませてもらいましたよ〜。自分はブログやってるくせにメカ(死語)に弱く数学的な分析がまるでできないので羨ましいです^^

>妻に馬券ベタ
ウチも同じですmm「旦那は当たらないもの」と思われてるほうが気楽でいいですけどね、お互い一度くらい大きいの釣り上げ今の内に葬式代の準備をしておきたいものですね(こらこら)

>ブレーヴハート
「上がり馬のサンデーサイレンス」なんて血統好きな人は結構買いたくなりますよ、組織でやっていけないタイプはワタシも同じですけど^^;

では楽しみにしております^^
ミシエロ
2008/07/26 08:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
函館記念の話。やい、ジェネラスのくせにジャーマンだぞ ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる