ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS 皐月賞の話その2・それっぽい注目馬展望

<<   作成日時 : 2008/04/16 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

今日はヤボ用で初子ルバーンと会えず。ブログ更新で寂しさを癒し癒し。
では、皐月賞の話その1。ショウナンアルバと7つのR からの続きです。
今日はいつにも増してつまんないので、そこんとこよろしく。

私が注目しているのは7頭、全てロベルトの血を持つ馬たちです。

マイネルチャールズ父ブライアンズタイム
ロベルトだ何だと言っても、ブライアンズタイム以外のロベルト系は皐月賞を勝ってない訳でして、つまり総大将。あの「皇帝」トップガンジョーや「英雄」シンコウカリドですら、その「非BT」の壁に跳ね返されたんですから。(他にも「覇王」とか「王者」とか在庫ありまっせ。)緩急問わない脚質とコース適正。気性の危うさを持ちつつも勝ってきているんだから、ヴィクトリーと同じくらい、いやそれ以上の評価は素直にすべきでしょう。

スズジュピター父タニノギムレット
東スポ杯ではスマイルジャックに先着。右回りのぎこちなさは府中でこその馬?人気落ち確実も「社台生産馬の母父サンデー」は先週のレジネッタと同じ流れであり。「結局ノーザンファームかよ」はさもありなん。

スマイルジャック父タニノギムレット
スプリングSの予想で書いたのは、「東スポ杯、きさらぎ賞でワンパンチ足りず、重厚な本格血統と思いきや母系が古の在来牝系・小岩井につながる馬のイメージはメイショウサムソン。」でもスプリングSから連勝したのって、ナリタブライアンミホノブルボンネオユニヴァース、そしてメイショウサムソン。それに比べるとさすがに…。親父も本番は乗りへぐられて3着に負けているし、前走がメイチだったという可能性も高い。ある人(笑)はフライングアップル並とおっしゃってました。

フローテーション母父リアルシャダイ
「サンデー系×ロベルト系のイメージはサンライズペガサス」という慣用句で今まで何頭の馬を飛ばしてきたでしょう。ダンツキッスイマイネルスターリーサブジェクトベンチャーナインなど今考えれば超豪華メンバーだった萩Sの勝ち馬。前走は人気の盲点になっただけで、新馬戦では武騎手で1・8倍に押され楽勝した程の素質馬。スズジュピターと同じ「社台生産」も後押しするか。

ダンツウイニング父コマンダーインチーフ
「山内」「ダンツ」「ロベルトの血」で思い出すのはダンツフレーム。京成杯、ラジオNIKKEI賞とも差はわずか0・2秒。特に先行馬総崩れとなった京成杯での踏ん張りは、ペースが狂いがちな皐月賞の舞台で一発を秘める。「地味」きわまりなく、重賞での好走歴があってもあっさり人気落ちてしまうのは昨年のサンツェッペリン的な匂いも。

ドリームシグナル
シンザン記念を大外一気で豪快に差しきりも、中山の2走は坂ではじけ切れず。父アグネスデジタルともどもやはりマイラー色は否めない。ごちゃつきがちな皐月賞をクラシック初騎乗の騎手がさばききれるかも、やや不安。

ベンチャーナイン母父コマンダーインチーフ
京成杯の追い込みをすっかり忘れられていたシックスセンスになれるかどうか。オースミブライトサンツェッペリン、過去の穴馬を多く出す京成杯連対馬。上がり最速を連発するサンデーは嵌った時の一撃がある、中山牝馬Sのマイネカンナしかり。武士沢騎手に戻るのは心強い。

これで7頭をざっくり展望。
さて、どの馬に魅力を感じましたでしょうか?
混戦といわれてますが、実は2強だと思うんですけどねぇ。

以上、皐月賞特別事前注目馬検討兼情報操作でした。(漢字多いよ)
えー。だってもう本命馬は決まってるもん。
最後まで読んでいただいてありがとうございました〜。
明日はルバーンのおむつ変えてからの更新になりまーす。え、更新するの?
ランキング

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
皐月賞 考察
久々のレース考察ですけど、簡潔になっちゃいそうです。 ...続きを見る
attractive place!!
2008/04/16 22:24
第68回皐月賞(Jpn)の1着馬は?(全頭編)
桜花賞は12番人気が1着と2着、3着も人気薄で大波乱の700万馬券が飛び出しました。今回の皐月賞も本命なき戦いでどうなるかわかりません。昨年も1着ヴィクトリーが7番人気2006年も6番人気メイショウサムソンが1着になるなど荒れない皐月賞が一変している状態です。枠順も決定しあとはレースをまつばかり。 第68回皐月賞(Jpn)の1着馬は? ...続きを見る
しげぽーね@eBet
2008/04/17 14:56
2008年皐月賞の「天国と地獄」
「速い馬が勝つ」と云われている皐月賞。その「速い馬」をいかに選択できるかが今回のポイントではありますが,どういったデータで判断できるものでしょうか。 ...続きを見る
○◎○な生き方
2008/04/17 18:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。もう本命決まっていらっしゃるんですね。
うらやましい(笑)
皐月賞は毎年ながら本命馬が決まりません…。
昨年のサンツェッペリン並のビックリ本命に期待しております!
YFlower87
URL
2008/04/16 22:39
YFlower87さん、こんばんは^^

いや、決まってるというか決まっていたというか。サンツェッペリンみたいなのを狙いたい所なのですが、今年は堅くおさまるんじゃないかと思ってますので、手堅い所を狙います^^;でもワイフラさんの記事を見てちょっと勇気が出てきました。「過去10年で上記以外で馬券圏内まで来たのは、タニノギムレット、ダンツフレーム、チタニックオー、ノーリーズンぐらい」それって全部ロベルト系馬なんですよね、いや深い意味はありません^^

では、ワイフラさんの鋭い予想も楽しみにしております^^
ミシエロ
URL
2008/04/16 23:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
皐月賞の話その2・それっぽい注目馬展望 ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる