ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神大章典の話。あのサンデーにチャンストウライ?

<<   作成日時 : 2008/03/20 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

新装になって2回目の阪神大章典。もちろん、ファストタテヤマが勝つと信じてやまなかった去年の己を恥じることなく、行きましょう生きましょう。しかし、なぜあのファストタテヤマを持ってしても勝てなかったのかを考える必要はあるのでは。
ちなみに勝ったのはアイポッパー。母の父サンデーサイレンス。また「G1馬 一頭もいない 大章典」で思い出すのはマイソールサウンドが波乱を起こした05年。
母の父サンデーサイレンス。で、

04年リンカーン 父サンデーサイレンス
05年マイソールサウンド 母父サンデーサイレンス
06年ディープインパクト 父サンデーサイレンス
07年アイポッパー 母父サンデーサイレンス

ここ4年連続で純サンデーサイレンスの血を持つ馬が勝っている。唯一のサンデー孫馬が03年のダイタクバートラム(父ダンス)。それも武豊。過去このレース8勝上げてるのは流石。しかも1番人気は飛ばない阪神大章典。ポップロック。実績断然。距離もメルボルンCでこなし済み。母の父サンデーサイレンス&武豊。
「鉄板」という競馬用語は嫌いじゃない、

画像
なんて言ってもつまんない。休み明けだし、もしかしたら激戦の疲れで燃え尽き症候群になってるかもしれない。またレース中に急にお腹が痛くなって「休みたいねん」と言い出すかもしれないし、ドラクエのレベルが上がっていたことや、一日2個制限のビックリマンをこっそり買いに行った事から仮病の「足」がつき、学級委員会で糾弾されるかもしれない。もしや負けても「ギアがどうのこうの」と言われりゃ泣き寝入りだ。第一、同厩デルタブルース様を差し置いて、あっさりここを勝ってもいいのか。そこまで無理をおっしゃるのなら反逆のサンデーサイレンス馬、

アイポッパー 母父サンデーサイレンス
トウカイエリート 父サンデーサイレンス

に大いなる期待を寄せたくなるもの。ではご紹介〜

画像
アイポッパー 
去年の勝ち馬でこのレース(1011)。「サッカーボーイ産駒の連覇」はナリタトップロードが02・03年と達成している偉大な功績。前走負けすぎの感もしますが、今年の冬の京都は雨や雪で極端に痛んだ馬場。06年の阪神大章典や宝塚記念と同じく、「こんな荒れた馬場ではどうしようもないよ」だけだった気も。

画像
トウカイエリート
唯一の父サンデーサイレンス馬。京都2戦は「からっきし」な荒れ馬場だったんで度外視。雨の大阪ハンブルクC惨敗から、春天で見せ場十分6着に来たように良馬場でこそ力を発揮する馬。(そういえば兄貴トウカイテイオーの負けた春天もそんな荒れ馬場だったし。)パンパン馬場で母系ヒサトモ継いだステイヤーの血をやっとこさ全開できるか。(去年の春天で散々盛り上がったんですけどねぇ)。でも京都記念、「松元調教師追い出しコンパ」がシケシケで終わったのに、果たしてここで来るんだろうか。

無理を承知で、このあたりから本命を選びたいと思います。

あと、注目は地方馬。毎年そんなのは無視するのですが今年は見逃せない。

チャンストウライ。佐賀記念で史上初、兵庫県外のダート重賞を勝った「園田の怪物」。ロードバクシンを越える逸材と噂されるチャンストウライ。そして、奇跡的に園田で開催される今年のJBC。なんせ入り口のホルモンやモチみたいなので恐ろしく美味い!いや、その制覇を信じる関西人の期待を一手に担う。せっかく全国ネット初登場なんだから、ドンドン名前を呼んでもらい、ひいては園田競馬の繁栄に貢献して欲しいなんて。

あわよくば02年のミツアキサイレンスくらいの見せ場作らないかなぁ。サンデー孫だし。

以上、阪神大章典の展望でした。
しかしウェブリブログの調子がひどく悪い。夜のアクセスができないんですけど。
最後まで読んでいただいてサンクスです。
ランキング

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【阪神大賞典(2008年)】登録馬の血統
【阪神大賞典】過去5年の1〜3着馬の血統・レース内容から注目馬を探します。今年の登録全馬の血統も掲載。 ...続きを見る
【血統フェスティバル】blog
2008/03/20 09:41
第56回 阪神大賞典(G)の1着馬は?
過去にはナリタブライアンとマヤノトップガンのマッチレースやスペシャルウィークとメジロブライトのマッチレースなど名勝負が多数ある阪神大賞典。今年もメンバー的には好勝負が期待されます。またこのレースは天皇賞・春に近い3000Mと長距離レースなので直結することが多いようです。 第56回 阪神大賞典(G)の1着馬は? ...続きを見る
しげぽーね@eBet
2008/03/20 21:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば父サンデーサイレンスも徐々に少なくなってまいりましたね。
いやー時代の移り変わりと言うんでしょうか。
実は乗馬の世界では父サンデーやその血統は敬遠されるのか少ないです。
あんまり走らなかった馬(レースにもあまり出走してない)の方が
調教しやすいというのもあるんですがやはり気性に問題が…と思われるからのようです。
にょろり
2008/03/21 13:24
にょろりさん、こんばんは^^
そうですねぇ競馬界も業者必衰、奢れるモノは久しからずですよ(え?何か?)しかし「サンデー産駒の乗馬は少ない」の話は面白いですね!確かにサンデーは気性の激しい産駒が多くてそれが闘争心や爆発力につながるんでしょうねー。そういえば障害馬にせん馬(特に海外はほとんど)多いし、オースミブライトやムサシ君が去勢されちゃったのも現役時代に良く走った証、でしょうか^^;
ミシエロ
2008/03/21 23:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
阪神大章典の話。あのサンデーにチャンストウライ? ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる