ミシエロの3年前は忘れた

アクセスカウンタ

zoom RSS レース分析 新潟2歳ステークス(芝1600m)

<<   作成日時 : 2006/08/31 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

登録馬に知ってる馬がほとんどいない・・・。新馬戦もきっちり見ないといけませんね^^;
とりあえず新潟2歳S(芝1600m)過去3年の傾向をさぐっていきましょう!

【過去3年の好走馬と血統】
[2005年]
1着ショウナンタキオン
アグネスタキオン母父トニービン
2着ニシノフジムスメ
父キングヘイロー母父ビショップボブ
3着コスモミール(ダリア賞1着)
父ヘクタープロテクター母父リアルシャダイ
[2004年]
1着マイネルレコルト(ダリア賞1着)
父チーフベアハート母父タイテエム
2着ショウナンパントル
サンデーサイレンス母父サドラーズウェルズ
3着スムースバリトン
スペシャルウィーク母父クリスエス
[2003年]
1着ダイワバンディット(ダリア賞1着)
父ボストンハーバー母父ミスタープロスペクター
2着ウイングレット
父タイキシャトル母父サンデーサイレンス
3着アウトディスタンス
カーネギー母父エーピーインディ

出走登録馬はこちら
@血統的にはサンデーサイレンスの血を持つ馬が毎年好走。
今年はクラウンプリンセス・シャルマンレーヌ・ジャックレイホウ・トーセンラピュタ・マイネルハーバード・マイネヴェロナ・マルカハンニバル・メイクユーハッピー・マイネルサニベルと多数。

・あとはバラバラだがよく見ると中長距離を走れるスタミナ型の血が目立つ。
サドラーズウェルズ系、キングヘイローなどいわゆる「重めのヨーロピアン血統」が好走している。意外にスタミナが問われるレース?
→今年の登録馬ではニシノの2頭、ニシノコンドコソ(母父サッカーボーイ)、ニシノカムシン(母父サドラーズウェルズ)なんかどうでしょ。

Aダリア賞(新潟芝1400m)1着馬は確実に好走している。負けた馬は1着馬を逆転できない。→ダリア賞今年の優勝馬はマイネルレーニア。芝では2戦2勝、あのレースぶりから簡単に負けるのは確かに想像しにくいですが。

Bなんだかんだで1番人気が3年連続1着。
→おそらくダリア賞1着のマイネルレーニアでしょうか。

C9頭中8頭が前走を出走メンバー最速上がりを記録している。
→唯一の例外コスモミールは新馬戦で最速、ダリア賞優勝時は2番の上がりを記録。
→前走上がり最速を記録したのはクラウンプリンセス、トーセンラピュタ、センギョウシュフ、ゴールドアグリ、クインズプレイヤー、マイネヴェロナ
→これだと人気になりそうなシャルマンレーヌも危険になっちゃいますがはてはて?

D昨年は新潟芝1400mからの組が上位独占。1800mからの組はここ2年は不振。
→ダリア賞組を含め9頭中5頭とやや優勢。04年に人気を裏切ったインティライミは1800m組
→ダリア賞組に1着馬を逆転する力がないとすれば、1400mから狙うとすればトーセンラピュタ、ジャックレイホウあたりか。トーセンラピュタは京都の新馬勝ちという異色のローテ(そりゃそうだ)なので勝ちっぷりからも注目したい所。

[ポイントのまとめ]
@サンデー系とサドラーズウェルズなどの重めの血統に注目。
Aダリア賞勝ち馬は素直に信頼してもよさそう。
B1番人気も素直に信頼してよさそう。
C上がり最速を記録した事のない馬はやや危険。
D前走1400mの組が近年は好走傾向。

・あと先週もしかり、去年のショウナンタキオンもしかり、最終週だけに馬場がかなり荒れていて、うまく外を走れた馬が勝ちきれる。こればっかりは予想しにくいですが^^;

・う〜ん。素直にマイネルレーニアから入って、サンデー系から相手をチョイスするのが堅実かもしれませんが、先週のオースミグラスワンといい、グラスワンダーにそんな甲斐性があるのかが不安です^^;

以上新潟2歳Sのレース分析でした。
参考になった方はブログランキングドットネットをポチリといただければ感謝です!!
ワンクリックで週末は大的中かも^^

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レース分析 新潟2歳ステークス(芝1600m) ミシエロの3年前は忘れた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる